薬剤師求人において高額案件を探すには

薬剤師として働くならば、できるだけ高収入が得られる職場を選びたいものです。しかし、待遇の良い求人案件を探すためには、どのような方法があるのかを知る必要があります。果たして、上手に薬剤師の求人案件を見つけるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

そこで、まず求人案件を探す方法について解説し、その中から薬剤師にとって利用しやすいサービスについて紹介します。

薬剤師のテレワーク求人の動向を知ろう

求人案件の探し方は様々です

薬剤師の求人案件の探し方には色々な方法が存在します。良く知られている方法としては、求人サイトや折り込み求人などに掲載されている求人広告から、希望する企業を自分で直接見つけて応募する方法や、ハローワークなどの公的機関で管理されている求人案件に応募する方法などです。

このように色々な方法が存在しますが、自分にあった会社を見つけるために、求人案件の探し方を検討することがとても大切です。

求人サイトや折り込み求人などの特徴

求人サイトには幅広い業種や職種の求人情報が多数掲載されていて、その中には薬剤師の求人案件も含まれています。インターネット上に情報が掲載されており誰でも閲覧できるため、好条件の求人であれば幅広い人材から応募が殺到します。

また、紙媒体と比較すると掲載する情報量が多いので、是非応募してみたいという意欲が湧きやすいです。サイト上で高額求人など、希望条件に合う案件を検索して、気に入ればその場で応募できる手軽さもメリットとして挙げられます。

在職中であっても休憩中や帰宅後に求人案件を検索して情報収集が行えます。良心的な求人サイトでは、定期的に更新作業を行っているため、比較的新しい情報をチェックすることが可能です。新聞と一緒に配達される折り込み求人でも、薬剤師の求人案件をチェックすることができます。

折り込み求人の良いところは、地元に密着した求人案件が多数掲載されている点です。地元の調剤薬局や病院で働きたい・自宅から近いところで働きたいなどの希望があれば、折り込み求人を使って探してみるのも1つの方法です。

さらにインターネットの求人サイトと比較すると応募者が少ないケースがあるので、競合を避けて応募できるかもしれません。ただし、掲載スペースが限られているため、詳細情報が少ないという弱点もあります。そのため、興味がある求人案件が見つかれば、電話やメールで直接採用担当者に確認すると良いです。

ハローワークの特徴

ハローワークは厚生労働省が運営し、全国各地に設置されている職業紹介機関です。そのため、ハローワークには数多くの求人が紹介されています。薬剤師がらみの案件といえば、調剤薬局や病院などが挙げられます。ただ、調剤薬局や病院などがハローワークに求人を出しているのか、と疑問に感じている人も少なくありません。

ハローワークの場合、企業が求人を出す際に無料で登録できるという特徴があります。何故なら、もともとハローワークは、国の雇用情勢を安定させることを目的に設置されているからです。つまり、企業側としては採用活動にかかるコストを抑えられるメリットがあるため、中小規模の調剤薬局や病院などが求人案件を登録するケースが少なくありません。

国が設置した機関であるため、都市部や地方に関わらず全国各地に満遍なくあるのも大きなメリットです。しかも、地元の企業を中心に掲載されているので、その地域で働きたいと願っている人には向いているかもしれません。

ハローワークにはインターネットで全国の求人案件を検索できるシステムが完備されているので、ある地域への移住などを検討しているときにも有効な手段です。そして何よりもハローワークが許可した案件であるため、応募する側としては安心感があります。

希望する企業を直接見つける

求人サイトやハローワークなどの求人媒体を頼らずに、希望する企業を直接見つける方法もあります。例えば、就職フェアや転職フェアなどに参加して、興味のある企業を自分で探して応募する方法もあります。しかし、世間一般人向けのセミナーは不定期に開催されていますが、薬剤師に特化したセミナーは非常に少ないため、常に情報をチェックしておく必要があります。

また、仮に開催されたとすれば、大手調剤薬局の参加がメインです。大手調剤薬局にも高額求人はあるため、関心があれば参加してみると良いかもしれません。さらに、自分が卒業した或いはする予定の大学にある就職課に相談する方法もあります。

各大学には全国各地からの求人案件が多数寄せられます。調剤薬局や病院だけではなく、製薬企業や卸会社などの案件も寄せられるので選択肢の幅が広がります。やはり、大学に寄せられる案件なので、応募する側としてはハローワークと同様に安心感が得られるでしょう。

薬剤師に特化した人材紹介会社の特徴

もし少しでも高額な求人案件を見つけたいならば、薬剤師に特化した人材紹介会社を活用するのも1つの方法です。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師や薬キャリなど、数多くの人材紹介会社が運営されています。これらの会社を利用するためには会員登録が必要ですが、登録は無料であり、しかも数分程度で登録作業は完了です。

登録作業した後に、担当コンサルタントから連絡があり、詳しい希望条件などのヒアリングが行われます。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師や薬キャリなどの大手の運営会社には、全国各地から求人案件が寄せられ、その数は数万件にも及びます。

その中には本来なら知ることができない非公開求人が多数あり、会員登録することでそれらを確認することが可能です。非公開求人には思っている以上の高額求人案件が潜んでいることがあるため、利用してみる価値は十分にあります。

求人案件に関しては、担当コンサルタントからメールなどで紹介する形となります。また、条件の交渉については、担当コンサルタントを介して企業に確認することができます。給与面など直接企業に聞きにくいことを、担当コンサルタントが確認してくれるので非常にありがたいです。

交渉次第では、給与を上げてくれる可能性があるので、まずは確認してみることが望ましいです。面接の日程調節なども代わりに担当コンサルタントが行ってくれるため、忙しい薬剤師にとっては利用しやすいサービスといえます。

幅広い情報収集を行おう

このように、薬剤師が待遇の良い求人案件を探す方法はたくさんあります。それぞれの方法には特徴があるので、それらを把握して上手に活用したいものです。高額案件など自分に合う会社を見つけるためには、幅広い情報収集を行うことが大切です。

柔軟かつ積極的に情報収取を行って、悔いのない就職活動につなげることがとても重要となります。

参考リンク『薬剤師 求人 ... アポプラス』http://www.apo-mjob.com/list/osaka