薬剤師のテレワーク求人の動向を知ろう

世間的にテレワークが推進されている状況があり、薬剤師としても自宅などで働くことができるのが魅力的だと思う人もいるでしょう。転職してテレワークで働けるようになりたい、あるいは離職していたけれどテレワークなら働けるかもしれないという人もいるかもしれません。

薬剤師は資格を生かしてテレワークで働けるのでしょうか。

薬剤師の調剤業務はテレワークではできない

まずテレワークに興味を持っている薬剤師が前提として理解しておかなければならないのが調剤業務をするにはテレワークは不可能だということです。患者から依頼を受けて処方箋を見て、処方監査をするまでであれば自宅でもできるでしょう。

しかし、処方箋の内容に従って医薬品を実際に調剤して患者に渡すのは現場でなければできないからです。調剤薬局を開業して完全に店舗経営はせずに営業をすれば良いと考えるかもしれません。しかし、調剤業務をするための設備を整え、在庫を確保して運営していくのは容易なことではないのは明らかでしょう。

すぐに医薬品を手に入れたいと思っている患者に対面で渡すのも原則なのでテレワークは開業したとしても難しいのです。

調剤以外なら可能性が十分にある

薬剤師になると調剤を行えるのが強みだと考え、調剤をしていきたいというこだわりを持ってしまいがちです。しかし、調剤以外でも良いという考え方を持つことができればテレワークで働いていくことができます。実際にテレワークをする薬剤師を求める求人も増えてきているのが現状です。

薬剤師は調剤や服薬指導の担い手というのが特徴なのは確かですが、見方を変えると医薬品の適正使用に関するプロフェッショナルとして国が認めているとも言えます。

医療や臨床に関する知識もあり、薬事法などの医薬品に関連する法規についても理解があるのでしょう。このような強みを生かすことができる職種の募集が活発に行われてきています。

薬剤師求人において高額案件を探すには

テレワークの求人の典型例

テレワークの求人として主流なものは大まかに分けると三つあります。一つ目はコールセンター業務です。製薬メーカーや医療機器メーカーでは自社で製造している商品について顧客からの求めに応じて応えるコールセンターを設置していることがほとんどです。

この場合の顧客とは医者や臨床検査技師、薬剤師や看護師といった医療従事者が中心になります。また、取り扱っている商品が一般用医薬品などの場合には消費者からの問い合わせも多く、患者やその家族からも色々な悩みやクレームの連絡があるのが通例です。

この対応を求められるのがコールセンター業務で、電話を受けて答えるのが仕事なのでリモートワークができます。また、チャットやメールでの対応の仕事も多くなってきています。二つ目は書類作成の代行業務です。治験の実施計画書や承認を得るための各種申請書類を作成するのが主な業務で、医薬品だけでなく医薬部外品や化粧品についても薬事法の対象なので薬剤師の力が求められる傾向があります。

治験コーディネーターや臨床開発モニターの補助として書類作成全般を任される仕事もあり、安定して雇用してくれる企業もあれば、スポット的に働けるケースもあるのが特徴です。部署としては薬事か開発になる場合が多く、原則はテレワークとする企業が増えてきているのが現状です。

ただ、打ち合わせの都合で出社を求められることもあるので詳細を確認してから求人に応募する必要があります。三つ目に挙げられるのがメディカルライターです。医療や健康に対して興味関心を抱いている人が増えていることから医薬品や健康食品、サプリメントなどの記事を書くライターが求められています。

薬剤師として医薬品やその成分、適用される病気などに関して詳しい人材として考えられて重宝されているのが現状です。ブログ記事や雑誌の記事のようなまとまった内容を書く仕事もありますが、新しいサプリメントのキャッチコピーを考えたり、新たに見つかってきた医薬品のリスクに関しての注意喚起文書を作ったりする仕事もあります。

このような販促や医薬品情報に関わる業務は単価が高い傾向があるので人気も上昇してきている仕事です。

MRとMSLの仕事もテレワークでできる

薬剤師が活躍している職種としてMRやMSLもあります。MRもMSLも製薬企業の従業員として働くのが一般的で、病院やクリニックなどの医師や薬剤師に対してMRは営業活動を行い、MSLは医薬品や医療の情報を提供するのが仕事です。

このような仕事は現場に行って対面で行うのが主流ですが、テレワークでもできるようになってきました。ビデオ会議を使ってヒアリングをしたり、説明をしたりするのがだんだんと受け入れられてきているからです。MRやMSLが出入りしない方が感染などのリスクが低減されて患者の心配が減るという考え方からもリモートでの営業や情報提供が広まってきているのが実態です。

ただ、現実的にはまだ活発にリモートワークのMRやMSLの募集が行われているわけではありません。試行錯誤をしている段階にあって、本格的にリモートでの営業や情報提供をしていくことと決めて、そのための人材を安定的に確保するかどうかを判断するのが各社の課題になっています。

現状としてはMRやMSLであってもリモートワークができる可能性が高まってきた段階にあると考えるのが妥当です。

テレワークの正社員求人の動向

テレワークで働きたい人の中には正社員で働きたい人もいればパートの方が良いという人もいるでしょう。安定してテレワークが可能な求人のほとんどはパートというのが現状です。臨時で必要な人材を確保することが主な目的となっているため、テレワーク専門の正社員を雇う現場はあまりありません。

ただ、一部はテレワークで業務を行えるという待遇の求人は登場してきています。主に企業での求人になっていて、開発職や薬事職が中心になっています。デスクワークが中心の仕事なら正社員でもテレワークでできる日を確保できる可能性があると考えると良いでしょう。

薬剤師は調剤にこだわらなければテレワークが可能

薬剤師になったからには調剤をしたいと考える人も多いのは確かですが、仕事の性質上、調剤業務を担当する場合にはテレワークをするのは困難です。調剤にこだわらなければ候補にできる職種がだんだんと増えてきているので、色々な種類の求人からやりたいことを選べるでしょう。

テレワークをしたいなら調剤以外の仕事も検討してみるのが大切です。